(ネタバレあり)ガルパン最終章第二話

というワケで、遅ればせながら最終章第二話を観てきました。

ちなみに劇場版(2回)、第一話、今回と
全て娘と一緒に観ています。

観る前に第一話の予習をしようかと思いながら、
結局観られずじまい。

娘「多分『3分で分かる第一話』とか最初にやるんじゃない?秋山優花里とかで」

なるほど、そうだよね。
正解は1分ちょっとで旧生徒会メンバーでしたけど、
あれがあるだけで、ガルパン世界に戻って来られる上手い仕組みです。

前半は初戦BC自由学園との対戦の続き。
もちろん大洗が勝ち進むのは大前提としてあるわけで、
その勝ち方をどう見せるかがキモ。

戦車の車種を利用した作戦。
うん、上手い。
上手いけど割と狡猾w
主役がとる作戦じゃないよねwww
作戦名言って無かったと思うけど、
さしずめ「フリフリ作戦」でしょうか。

マリーのウニョウニョした動きが
可愛かったです。

そして後半は二回戦。
対するは知破単学園。
今、知破単で検索しようとしたら、
サジェストで「無能」って出てきたw
本編でも突撃しか出来ない弱小みたいな
扱いですが、今回はひと味違います。

前半大洗のバレーチームと懇親を深めた福田が、
攻撃にバリエーションを作るというヒントを得ます。
この作戦、名前が全て「〇〇突撃」って付いてて、
ある意味旧日本軍に対する風刺になってます。

で、何やかんやあって終盤に知破単が劣勢になった際、
この伏線を回収する西絹代の一言に震えました。

「転進ではない、撤退だ」

これだけでこの第二話が世に出た価値があると思ってます。
ちょっと言い過ぎでしょうか。
少なくとも2回戦の対戦相手にした意義はあったと思います。

で、第三話へ続く…となるのですが、
上映終了後、近くにいた同士が
「また1年半待ちか…」
ってつぶやいてたのが分かりすぎて
辛いの通り越して可笑しかったですw

最近、アニメの視聴自体が少なくなってきてる娘。
第三話やる頃には大学生。
変わらず付き合って観てくれるか微妙な気がします。